ブログ

人生を変える方法は3つしかないらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前にこの話がでたので、紹介するとともに自分の思うことを書きます。

経営コンサルタント 大前研一さんの言葉

人間が変わる方法は3つしかない。
時間配分を変える。
住む場所を変える。
付き合う人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

大前研一

1.時間配分を変える

よく言われること(事実)ですが、人間には等しく1日24時間という有限なものが与えられています。
これは各国の首相や大統領、有名なプロスポーツ選手でも同じです。

その等しく与えられている時間をどのように使うかが大切なことは、よく考えれば当たり前なんですね。

このことを話すと、寝る時間がどうとかお酒を飲んでいる時間がどうとか言う人がいますが、それがパフォーマンスを最大化させる要因であれば問題ないわけです。

例えば、睡眠時間を3時間にしたとしても、残りの21時間の生産性はかなり下がる可能性があります。(全員に当てはまるとは言わないけど、ほとんどの人に当てはまるでしょう)

それぐらいなら、6時間寝て、残りの18時間を集中して使えた方が良いわけです。

そういうことだと思います。

あと時間配分もそうですが、どうしても細切れの時間ができてしまうんですよね。
その時間を何に使うのかも重要だと思います。

2.住む場所を変える

住む場所、ざっくり環境ですかね。
場所が変われば触れる人、物が変わります。

僕は福井県に住んでいますが、福井だからこそ触れることが出来るものもあれば、東京のようなところだからこそ触れることができるものもあります。

「人生を変える」という意味において、住む場所を変えることは大きな変化を生むことは間違いないでしょう。

間違えてはいけないのは、「”良くも悪くも”変わる」ということです。
どこが良いとか、どういう居住形態が良いとかは人それぞれだと思いますので。

3.付き合う人を変える

これも一種の環境だと思うのですが、付き合う人が変われば入ってくる情報も変わりますよね。
そういう意味で人生を変える要素であることにはすごく納得できます。

最近感じることで、自分一人で知ることができる情報には限界があるということです。
世の中にはいろんな人がいて、自分では思いつかないようなことをやっている人がたくさんいます。

でも、その人と付き合っていれば、その情報にたどり着くことができるんです。

あと、情報という観点から言うと、今は情報収集するためのツールがたくさんあります。
1次情報にアクセスすることはそんなに簡単じゃないにしても、ニュースアプリやTwitterなどで限りなく1次情報に近いところにアクセスすることはできます。

人生を変えるかどうかは知りませんが、今の時代「情報」はキーになっています。
いかに情報と情報をくっつけて新しい価値を作るか、これってすごく重要ではないでしょうか。

人生を変えるなんていう意識は別にどうでもよくて

個人的には、そういう意識は持つ必要はないと思っています。
なんというか、別に持っても良いとは思うんですが、持とうと思って持てるものではないと言いますか。

「今から〇〇をして、何年後かに人生を変えるんだ」みたいなのって、たぶん無理です。(個人の考えです)

そんなことよりも、日々を全力で最適化することに注力した方が結果は良くなるんじゃないですかね。

会社の中長期計画はその通りになることはほとんどないと言われていますが、それと同じだと思います。

計画が必要ないとまでは思いませんが、あっても2.3ヶ月先で良いですね。
それを全力で良くしていく(PDCAとか)のが一番良いでしょう。

手っ取り早いのは、ざっくりと「時間の使い方を変える」ことだと思います。
何に時間を使うのか、誰との時間に使うのか、それを日々最適化していくことで、毎日戦力投球できる人生になるんじゃないですかね。蓋を開けてみないと分からないですが。

まぁ、こんな偉そうなこと言って、何もできていませんけどね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA