ワードプレス

WordPressのユーザーに権限を追加・削除する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回『WordPressのユーザー追加方法とその種類』の記事でユーザーの追加方法を説明しましたが、今回はそこで簡単に触れた「ユーザーに権限を追加・削除する方法」について説明をしていきたいと思います。

ユーザーに権限を追加・削除するってどういうこと?

例えば、デフォルトでは寄稿者は画像のアップロードの権限がありませんが、その権限を追加してあげることができます。
追加の方法は『WordPressで寄稿者が画像をアップロードする方法』を参考にしてください。

このほかにも権限を追加したり削除したりすることができるので、その方法を見ていきましょう。

権限を追加する方法

権限を追加するためにはadd_cap()を利用します。
例えば寄稿者に画像アップロード権限を追加するコードを例にすると、

function add_theme_caps(){
	$role = get_role( 'contributor' );
	$role->add_cap( 'upload_files' );
}
add_action( 'admin_init', 'add_theme_caps' );

get_role()で権限グループを指定し、add_cap()で追加機能を指定します。
これを一つの関数にしているだけですね。

以前の記事で紹介したコードは

if (current_user_can('contributor') && !current_user_can('upload_files')) {
    add_action('admin_init', 'allow_contributor_uploads');
}
function allow_contributor_uploads() {
    $contributor = get_role('contributor');
    $contributor->add_cap('upload_files');
}

ですが、先ほどのコードとは違うことが分かると思います。
これは間違っているわけではなく、同じことをするのでもコードの書き方は様々あるということです。

get_role()で指定できる権限グループは以下になります。

  • 管理者 : administrator
  • 編集 : editor
  • 投稿者 : author
  • 寄稿者 : contributor
  • 購読者 : subscriber

add_cap()で指定できる権限はすごくたくさんあるので、一部だけ紹介します。
詳しくは『ユーザーの種類と権限』を参考にしてください。

  • moderate_comments
  • manage_categories
  • manage_links
  • edit_others_posts
  • edit_pages
  • edit_others_pages
  • edit_published_pages
  • publish_pages

権限を削除する方法

権限を削除する場合は、remove_cap()を使用します。
先ほどのadd_cap()から少し変わるだけで使い方はさほど変わりません。

念のためコードを見てみましょう。

function remove_theme_caps(){
	$role = get_role( 'author' );
	$role->remove_cap( 'upload_files' );
}
add_action( 'admin_init', 'remove_theme_caps' );

このコードは”author(投稿者)”から画像アップロードの権限を削除しているものになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
慣れてしまえばそれほど難しいものではないと思いますが、WordPressを利用したばかりの人は不安かもしれませんね。
「そもそもfunctions.phpって何?」って人もいると思います。

さて、そんな方に朗報です。
ここまで説明しておいてなんですが、実は簡単に追加・削除するための便利なプラグインがあります(笑)
そのようなプラグインはいくつかあるのですが、各権限の機能をチェックボックスでオンオフできるので、誰でも簡単に使用できると思います。
いくつかインストールしてみて自分に合ったものを使って見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA