Web制作

【スマホ対応】モバイルURLの実装方法とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回『WEBサイトをスマホに対応させる方法』を書かせて頂きましたが、今回はその中の「モバイルURL」という方法にフォーカスしてお話をしたいと思います。

他の方法に関しても順次説明していきたいと思います。

実装方法

すでに説明してありますが、復習として再度。

独自ドメインexample.comがあるとして、サブドメインでm.example.comを作成します。
あとはそれぞれ別々にサイトを作成することになります。

  • example.comはPC用サイト
  • m.example.comはスマホ用サイト

作成した状態の場合、全く別のサイトが2つ存在するだけになるので、スマホからのアクセスとPCからのアクセスで振り分け設定を行う必要がありますね。
その設定がリダイレクトで、次の図になります。

リダイレクトの図

ではこの方法でスマホ対応させた時のメリット・デメリットを。

メリット

  • サイトを別々に作るため新しい知識を必要としない

あまりメリットが思いつきませんでした(笑)
またあれば追記します。

デメリット

  • Googleが推奨していない
  • 似たようなコンテンツのサイトになるため、正規化タグが必要
  • それぞれのページでリダイレクトするのがちょっとやっかい
  • サイトを2つ作る手間がかかる(サイトよって手間が違う)

yahooなんかはスマホでアクセスするとm.yahoo.co.jpにリダイレクトするようになっていますが、トップページだけのようですね。
一つ一つのページをリダイレクトするとなるとなかなか大変だと思います。

また、そもそもGoogleが推奨していないので、あまりオススメできる方法でもありません。

まとめ

メリット・デメリットを見てもらえば分かるようにあまりオススメできる方法ではありません。

メリットに書いたように、新しい知識を必要としないため、安易にモバイルURLという方法を採用しがちですが、Googleが推奨していないですし、リダイレクトや正規化タグなど、厄介な問題が出てきます。

正規化タグを全ページに入れるのもなかなか面倒ですし、リダイレクトはかなり厳しいんじゃないかなと思います。(する自信ありません)

yahooが採用しているのも、トップページだけだと思うので、そういうことだと思います。

例えば、スマホで「http://labe.jp/blog/webcreation/pc-sp/」にアクセスした人を「http://m.labe.jp/blog/webcreation/pc-sp/」にリダイレクトする必要がありますが、すべてのページをこのようにリダイレクトするのは難しいんですね。

個別で設定すればいいんですが、WordPressなどのCMSを使う場合さらにややこしくなります。
したくありません(笑)

ですので、もし採用するのであれば小規模なhtmlサイトまでにしておくのが得策だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

コメントを残す

*

CAPTCHA